利用者の声|アメリカでの就職、求人・仕事情報満載.アメリカ就職を目指す方のための就職支援サイト

最新の求人情報はこちら

現在位置:
WorkUSAホーム »
利用者の声 »
兼田 智宏さん

利用者の声

兼田 智宏さんTomohiro Kaneda

兼田 智宏さん

埼玉県出身。高校生活の1年間をHigh School Exchangeプログラムに参加し日本人留学生の少ない街アメリカ ミシガン州にて過ごす。帰国後は外国語専門学校にて英語力を向上し、3年間の社会人経験を経て念願の再渡米。
2010年9月よりPOSEIDON SEAFOOD INCにて研修。

アメリカに来られたきっかけは何ですか?

中学生の頃から理由もなく漠然とアメリカに強い憧れを抱いていたんです。英語も分からないまま勢いで飛び込んだミシガン州での高校1年間の経験が僕にとってさらに海外に目を向けるきっかけとなり、お互いに分からないなりに一生懸命理解してくれようとするホストファミリーやローカル学生とのやりとりの中で英語を使って生活をする楽しさを覚えました。日本に帰国してからは"いつかアメリカに戻りたい"とずっと思っていましたね。

実際に渡米されて"念願のアメリカ生活"はどうですか?

兼田 智宏さん

あっという間に5ケ月が経過ましたが、毎日充実した生活を送っています。日々の業務内容にも慣れてきて、取引先のお客様にアジア系の会社が多いことから最近では英語にプラスα、韓国語やスペイン語をコニュニケーションレベルで話せるように勉強するのが楽しいですね。研修先の環境は非常にアットホームで仲良く、アメリカの祝日 Thanksgiving Dayには社長宅に招いて頂いて社員全員でお酒を囲みながら楽しい一時を過ごしました。

現在はどんな仕事をされているのですか?

研修先は和牛と水産物の卸会社で、僕は水産に所属しているので週2回メキシコとヨーロッパから入荷する生マグロ、月1回日本より空輸入する冷凍マグロを加工し、仲買の業者へ販売するのが主な業務内容ですね。お得意様の地域(カナダやラスベガス)への配達スケジュール管理や新規顧客を獲得するためにローカルスーパーやレストランに積極的にセールスの電話をかけたりもしています。

1日のスケジュールを教えて下さい。

兼田 智宏さん

6:00 出勤
水産物の加工
10:30 昼食
デリバリー管理・セールス電話対応
14:00 退社
15:00 ジムのプールでエクササイズ
18:00 買い物を終え帰宅
19:00 ローカルABCニュースを見ながらリラックス
21:00 就寝

朝がとても早い仕事ですが、大変じゃないですか?

そうですね、普通の会社に勤務するタイムスケジュールではないですよね(笑)でも僕は日本でも大手小売店の鮮魚担当として卸、商品化、社員の管理などを行っていたので、早朝から勤務には慣れていたんです。冬になると朝起きると真っ暗な中車の運転ですが、夏は綺麗な朝日が出勤時に見れるときもありますよ。

休みの日は何をされて過ごしますか?

もともと体を動かす事が好きなので最近日系の野球チームに所属し始めました。週末の練習が終わった後は国際交流として飲みに出かけていますね(笑)ってお酒の席が好きなんで、この前は5ケ国の友人(フィリピン、ベトナム、韓国、中国、アメリカ)と盛り上がったりして楽しかったですね!

WorkUSAを利用されたきっかけは?

兼田 智宏さん

Yahooで"アメリカ""働く"検索すると1番最初に出てきたので来社カウンセリングを希望しました。その頃はアメリカであればどこでもいいと思っていたので、日程に空きのあったカリフォルニアのWORKSHOPに参加しました。

WORK SHOPに参加してみてどうでしたか?

代表の南雲さんから説明を聞いて、気になっていた"実際アメリカで生活する上でこれくらいかかる金額"を聞いた瞬間にこれは無理だなと正直思いましたね(苦笑)初期投資にいくら、月々これくらい、と事前にイメージができた反面、こんなにかかるんだと驚きました。

ビザ取得プロセスまでのサポートはいかがでしたか?

日本で仕事をしながら必要書類の準備を進めていたので指定された提出期限に間に合わなかったり、記載漏れ等があり担当の岡田さんには本当にお世話になりました。今だから言えますが正直、初めて書類の説明で話した時には"怖い"イメージだったんですが、英語の書類作成や面接の模擬練習では的確にアドバイスを頂いて心強かったですね。現地にて実際にお会いしてみて"若いのにしっかりした人"だなという印象に変わりました。

それは良かったです!私は昔から"落ち着いている"="老けて見える"と言われいましたので(笑)実際のビザ面接はどうでしたか?

前日から眠りにつけないほど緊張していたのですが、拍子抜けするほど一瞬で終わってしまいました。僕の場合はラッキーなことに日本語での面接だったんですよね。

日本に帰りたいなと思うときはありますか?

兼田 智宏さん

ないですね。今の時代はパソコンで日本のテレビも何でも見れるし、でも友達に会いたくなる時はやっぱりありますね。あ、あと日本の居酒屋さんが恋しいです(笑)チップも要らないし、安くて美味しい!カリフォルニアは夜中2時までしかお店が開いていないので、朝まで大騒ぎしたいですね。

反対にこれからアメリカで体験したいことは?

未だ旅行に行けていないので時間ができたらフロリダのSeven Mile Bridge、シカゴ、ヒューストンなど"ここぞアメリカ!"と思う場所に行ってみたいですね。もちろん留学時代のミシガンにも戻ってロサンゼルスでは感じれない大自然を満喫したいです。

渡米前にこれだけは準備しておいた方がいいと思うアドバイスは?

なんといっても土地勘でしょうね。右も左も分からない状態で渡米したので慣れるまでに時間がかかり困りましたね。アドバイスできるとしたら、日本にいる間にインターネットやガイドブックで自分が生活する土地の情報ぐらいは調べておく事が大切だと思いますね。

海外就職を目指している人にアドバイスをお願いします。

日本が嫌だから海外へ行こうという逃げや中途半端な気持ちではアメリカへ来ても結局同じことの繰り返しですよ。生温い考えでは現地で何か問題が起きたときに臨機応変に対応できません。アメリカに行けば何とかなるというスタンスではなく"アメリカに一生居てやろう"ぐらいの気持ちじゃないとダメだと僕は思いますね。

Poseidon Seafood Corp
3690 Noakes Street
Los Angeles,CA 90023
Tel:323-266-5701
www.kaijin.co.jp

» 利用者の声一覧へ戻る

求人検索

業種から探す

エリアから探す

WorkUSAはアメリカ就職を目指す方と日本人を雇用したい企業との出会いの場を提供するアメリカ就職支援サイトです。業種・職種ごとの求人情報、地域・都市ごとの求人情報からあなたが希望する仕事を探してください!また、メルマガ登録者には定期的にアメリカの新着求人情報をお送りいたします。

ページ先頭に戻る