利用者の声|アメリカでの就職、求人・仕事情報満載.アメリカ就職を目指す方のための就職支援サイト

最新の求人情報はこちら

現在位置:
WorkUSAホーム »
利用者の声 »
藤井 麻由美さん

利用者の声

藤井 麻由美さんMayumi Fujii

藤井 麻由美さん

早稲田大学在学中の留学経験によりアメリカでの就労を志す。大学卒業後、すぐにLAの出版社Weekly LALALAへの就労が決定し、渡米。以降、Weekly LALALAの営業として活躍中。

『強く思えば叶う、一生懸命に取り組めば必ず見ていてくれる人がいる、、、』
『両親や支えてくださる周りの方々への感謝は尽きない、、、』

海外に目を向けたきっかけは?

国際関係学科に在学していたため、授業は英語でしたし、そもそも海外に興味がある学生ばかり集まっていましたので、海外へ目を向けるのは自然の流れでした。在学中にカリキュラムの一貫で留学を経験しましたが、これが私の海外への思いを決定づけました。

留学は、カリフォルニア州にあるUC DAVIS(カリフォルニア大学デービス校)への交換留学でしたが、このDAVISが、衝撃的なところでした。農場や牧場に囲まれた大自然の中にあり、一面「緑」のまさに「田舎」そのものでした。DAVISでは、農業の授業もあったのですよ!文明の力や都会の刺激は乏しかったですが、日の出と共に起床し日の入り共に就寝する、という健康的な生活をするうちに、次第に自然のすばらしさにのめり込んでいきました。

その頃、オーガニック栽培というのが主流になりつつあった頃で、動物性のものを一切使わないマクロビオティックという料理法が流行っていました。このマクロビオティックというのは、そもそも発祥地は日本だったにも関わらず、欧米からの逆輸入によってブームになったということがわかり、母国日本の食文化の質の高さにも驚かされました。

大自然の恩恵を受けることができた留学生活でしたが、日本へ戻ってからも、「またアメリカに行きたい!」という気持ちは日増しに強くなっていきました。再度、勉強することも考えましたが、やはり社会人としてアメリカで働いてみたい、という風に思うようになりました。

アメリカで就職するまでの経緯は?

藤井 麻由美さん

大学4年生になってからは、周りがリクルートスーツを着て一斉に就職活動を始めました。企業の会社説明会に参加したり、面接を受けたり、日々の話題の中心は「就職」の一文字だったくらいです。ところが、私は日本での就職には一切目もくれずに、アメリカだけを見ていました。周りの友達からは心配されましたし、滑り止めでもいいから受けた方がいいのでは、と言われましたが、それでも自分の気持ちはまったく揺らぎませんでした。一度思い込んだらまっしぐらなのです。ですから、焦ることもなかったのですよ。根拠は何もなかったですが、「自分にはできる」と信じていました。

そんな矢先、Weekly LALALAの森社長が来日して面接会を開催するという案内を受け取り、早速トライしました。応募資格に「経験者」とあったくらいですから、誰の目から見ても私は「圏外」だったのかもしれません。ところが、なんと採用してくださったのです!

明らかに経験もスキルも一切ないわけですから、「ポテンシャル」にかけてくださったのでしょうか。あの時は飛び上がるほど嬉しかったです。 自分を信じ行動して、良かったと思いました。

仕事の内容と一日の流れは?

Weekly LALALAで広告営業をしています。Weekly LALALAはフリーペーパーですので、資金源は全て企業様からの広告になります。その広告を掲載していただくために企業に営業をするのが私の仕事です。

私は元々人と接することが好きだったので、営業にも通じるだろうと思っていたのですが、営業と接客と違うことに気づきました。接客は、自らの意思で来てくれたお客様に対応するのですが、営業は頼まれてもいない相手に対して売りにいくわけですから、精神的な負担もかなり違います。前回断られたので、できれば行きたくない、という気持ちを抑えて、意を決して営業に出て行くこともしばしばあります。それでも、誠心誠意対応して、喜んでいただいたり、次回もお願いをしていただいたりすると、この上なく嬉しいですね。

具体的にどのように動いているか、ある一日をご紹介しましょう。
藤井 麻由美さん 5:00 起床
5:30 ホットヨガ in Hermosa Beach
7:00 ホットヨガ 終了
8:45 出勤
9:00 営業開始
17:00 会社到着
20:00 ミーティング終了
22:00 就寝

DAVISでの田舎生活とあまり変わらない早寝早起きなのですよ。朝早くから身体を動かすと、一日エネルギッシュに活動できます。 稀にお酒の席に顔を出すこともありますが、夜更かしに慣れていないため、すぐに眠たくなってしまうのですよね。(笑)

渡米後、苦労したことは何ですか?

アメリカにきて苦労という苦労はなかったように思います。学生時代の留学経験のお陰もあったとは思いますが、生活面で戸惑うということもあまりなかったですね。自分が切望したアメリカ生活ですから、何かあっても逆にいい経験だと捕らえるようになっているのかもしれませんね。強いて言えば、車の運転でしょうか。それでもすぐに慣れてしまいましたけれど。

私の場合は、何か困ったことがあっても、いつも回りの方々に助けてもらえましたので、本当に環境と人に恵まれていると思います。

今後の展望をお聞かせください。

藤井 麻由美さん

一年の留学にしても、18ヶ月間の研修にしても、月日が経つのは本当に速く、確実に期間内で全てをやり尽くして満足するということはないものだと思います。海外経験にしても、仕事をするにしても、これで終わり、というのは難しいですからね。私の場合は、研修ビザ(J-1ビザ)終了後も就労ビザをサポートしていただいたお陰で、また更にWeekly LALALAにお世話になることができました。これも就労ビザ取得が最も困難といわれる昨今においては、恵まれていることだと思います。

私に海外留学をさせてくれた両親への感謝の気持ちは尽きないですし、更に受入をしてくださったweekly LALALAにも心から感謝しています。こうして皆さんに支えていただいて楽しい毎日を過ごせているわけですから、今後は少しづつでも恩返しをしていきたいと思います。

日本のためにできること、アメリカにいるからこそできること、を着実にしたいですね。最終目標は壮大なのですが、まずはできることからやっていきたいです。例えば、「エコ」に関するイベントを開催するとか。

最後に一言お願いします!

今、渡米をしようかどうか迷っている方へ。「思い立ったら即行動!」です。

後回しにすればするほど、腰が重くなります。たとえ周りに反対されたとしても、自分が信じる道を突き進む勇気も大切です。強く思えば叶う、一生懸命に取り組めば必ず見ていてくれる人がいる、そう信じてまずは一歩を踏み出してください。

最後に、これまで支えてくれた家族へ。私が今ロサンゼルスで毎日楽しく暮らしているのは、全て家族のサポートがあったからこそ。大学時代に留学をするときにも、卒業後アメリカを目指したときにも、いつでも応援し支えてくれたことに感謝をしています。遠く離れ一人で戦っているからこそ、親への感謝の気持ちはより強く感じられるのだと思います。その意味でもやはり一度外に出てみることは、非常に大きな意味があるのですね。

Weekly LALALA,LLC.
2161 W.182nd St.#203
Torrance,CA 90504
Tel:310-329-1533
Fax:310-329-6433
www.lalalausa.com

» 利用者の声一覧へ戻る

求人検索

業種から探す

エリアから探す

WorkUSAはアメリカ就職を目指す方と日本人を雇用したい企業との出会いの場を提供するアメリカ就職支援サイトです。業種・職種ごとの求人情報、地域・都市ごとの求人情報からあなたが希望する仕事を探してください!また、メルマガ登録者には定期的にアメリカの新着求人情報をお送りいたします。

ページ先頭に戻る