WorkUSAの海外就職サポート|アメリカでの就職、求人・仕事情報満載.アメリカ就職を目指す方のための就職支援サイト

最新の求人情報はこちら

現在位置:
WorkUSAホーム »
WorkUSAの海外就職サポート

WorkUSAの海外就職サポート

専門カウンセラーが、あなたの希望、経歴から独自のプランを提案し、あなたの海外就職を実現させます!
登録企業300社以上。

WorkUSA登録企業 全米に300社超。

海外就職サービス

登録企業300社超の中から最適な企業をご紹介!
プロの専門カウンセラーがあなたのご要望にお応えします!

プロの専門カウンセラーがあなたのご要望にお応えします!これまでのキャリアや専門分野、希望分野への応募のみならず、あなたの能力を最大限に活かすことができる仕事をプロのカウンセラーがご案内します。 アメリカで働く上で求められる資質や、スキルについてもアドバイスいたします。

海外就職には何か必要?

英語力

海外で働くには、何はなくともまず「英語」が必須です。英語力の目安として、TOEIC850以上は必要です。英語に不安がある方は、ジョブステーションをお勧めします。 尚、技術職、専門職においては、英語よりも実務経験、技術を重視される傾向があります。

海外経験

アメリカで働く=海外で生活すること。職場で力を発揮する為には、生活海外生活に対する適応能力が求められます。海外経験(生活、留学など)をお持ちの方は、企業に対して、海外の適応能力をアピールすることができ、アドバンテージになります。

社会経験

アメリカでは、人材を育てるという概念はあまりありません。つまり即戦力を求めています。ビジネスマナーはもちろんのこと、担当分野の知識と経験が既に備わっていることが必要条件になります。3年以上の勤続年数は必須です。企業が求めているのは、長期的に働いてくれるスタッフです。短期での転職回数が多い方は、まずは日本で一定期間の勤務をされるのが良いでしょう。ジョブステーションにもご相談ください。

最終学歴

受け入れ企業は、長期で働ける人材を求めています。就職紹介は基本的に1年半(J(研修)ビザ適用期間)になるため、その後も継続して働くためには、就労ビザが必要になります。一般的に就労ビザとよばれているH1-Bビザの申請には、4年制大学卒の学歴が必要になりますので、目安としてください。

「何ができるのか」

アメリカでは常に即戦力を求められます。そのため、「いろいろな仕事をしたい」、「さまざまな業務を担当してきた」というような業種や職種が定まらない人は、敬遠されてしまいます。そのため、「企業営業の新規獲得数○○社の実績があります」、「○○出版社にて○○雑誌の編集を5年間担当した」というような、具体的に何ができるのか、が明確になっていることが大切です。経験に裏打ちされた「これができる」というものを持つように心がけてください。尚、美容師、ネイリスト、デザイナー、保育士、介護士等、特別な技術や資格を要するポジションについては、非常に高い需要があります。

求人検索

業種から探す

エリアから探す

WorkUSAはアメリカ就職を目指す方と日本人を雇用したい企業との出会いの場を提供するアメリカ就職支援サイトです。業種・職種ごとの求人情報、地域・都市ごとの求人情報からあなたが希望する仕事を探してください!また、メルマガ登録者には定期的にアメリカの新着求人情報をお送りいたします。

ページ先頭に戻る